? 愛犬の成長に合わせてドッグフードを選ぼう
手作り

愛犬の成長に合わせてドッグフードを選ぼう

私たち人間が年齢に応じて食事の内容が変わるように、犬にとっても年齢に応じた食事が必要です。
飼い主は成長度合いに応じてドッグフードの種類や量の管理をすることが必要であり大事な仕事です。

子犬の時期は栄養がとても必要ですから子犬用のフードを与えます。
生後半年から量を減らしていき1歳前には成犬用のドッグフードに切り替えていきます。
成長のピークは半年までなので同じ量を与え続けると肥満の原因になるのです。
犬は生まれ持った本能から与えられれば満腹度合いに関係なく与えられた分だけ食べてしまいます。
そこで、飼い主で量のコントロールが必要なのです。
子犬用フードは栄養が多いため、妊娠中の犬にも与えます。
それくらい子犬用フードには栄養やカロリーが含まれているのです。

成犬用フードの期間は6年近くあります。
長い期間成犬用のものを与えることになりますが、その間同じフードをずっと与えていればよいわけではありません。
ただ毎回フードを与えるだけでなく、毛艶や皮膚の様子や便の具合といった愛犬の様子もきちんと確認しましょう。
与えているフードに問題がないか確認するためです。
下痢が続いたり皮膚の爛れや痒みが続くようならアレルギーの可能性があります。
医師の診察を受け、アレルギーの原因を突き止めアレルギー食への切り替えが必要です。
ドッグフードにはたくさんの原材料が含まれるので原因が突き止められなかったりわかるまで時間がかかる場合もあります。
そのような時はアレルギーを起こしにくいラムや魚を主食とした低アレルギー食がありますからそういったものを活用しましょう。
基本的には自己判断で決めるのではなく、医師の指示に従いましょう。

また、犬種によって必要な栄養が異なります。
犬ごとの特性や毛の長さ、体の大きさが異なるためにこういったことが起こります。
毛艶が悪かったり絡まることが多い時には栄養不足が考えられます。
最近ではこういったことに対応するために犬種専用のフードも出ています。
そういったものは犬種に応じた栄養配合がされています。
犬種専用フードへの切り替えや栄養配合が違うものへの切り替えを考えましょう。

このページの先頭へ