手作り

ドッグフードの安全基準の国ごとの違い

日本のドッグフードへの安全管理はまだまだ甘く歴史も浅いです。
ペットフード安全法が施行されるまでは何も法規制がなかったですし、この法律も平成21年にできた新しい法律です。
ただし、これはまだまだ改善の余地のある法律です。
なぜなら人間よりも規制されている添加物が大幅に少ないのです。
国産フードで満足できるものを見つけられなければ、外国のドッグフードにも目を向けてみましょう。

ペットフードの最先進国ともいえるアメリカ製のフードは日本でもとても人気があります。
アメリカでは獣医師もペットフード研究に参加しており安全性が高いと言われています。

ヨーロッパも昔から犬や猫を家族として大切にする文化があります。
中でもフランスやドイツはペットフードの安全性への関心はとても高いです。
ペット先進国ドイツのドッグフードと言われているくらいです。
フードも愛犬の年齢や種類に応じて細かく分類されており、それぞれに栄養素の配合が細かく調整されています。

外国産のドッグフードを購入する際には気を付けるべきことがあります。
まずは、ここで書いた国のものであれば何でもいいというわけではないことです。
残念ながら外国産のドッグフードにも粗悪品はあります。
基準をうまく潜り抜けて4Dミートの使用や多量の添加物を使用しているものがあります。
購入にあたっては事前に品質表示やホームページを確認して納得できるものを選びましょう。
ドッグフードを選ぶ際の注意点はしっかり把握しておきましょう。

もう一つは輸入ルートを確認することです。
日本で販売されているドッグフードには、同じ商品でも正規輸入品と並行輸入品の二つがが存在しています。
正規輸入品と並行輸入品では並行輸入品のほうが少々安く購入することができ、価格の差は輸入方法の違いです。
正規輸入品の場合には取引の分量が多く、大きな船に積まれ気温の高くならないルートを通ったり冷房付きのコンテナで運ばれるのが基本です。
並行輸入品は少量での輸入が多く、他の積み荷とともに運ばれてきます。
その際、南ルートの暖かい場所を通ってきたり、温度管理の必要ない荷物と運ばれたりで船内の温度が上がり品質の劣化の可能性があります。
また、国内に海外からの害虫が運ばれるのを避けるために化学薬品で燻蒸することもあります。
危険なドッグフード化になってしまう恐れも。
せっかく良いフードを購入しても品質が劣化していては意味がないですから、購入の際には安全性を考え正規輸入品を選びましょう。

このページの先頭へ