? ドッグフードのアレルギーについて
手作り

ドッグフードのアレルギーについて

人間に食物アレルギーがあるように犬にもアレルギーが存在します。
犬は人間と違い話すことができません。
毎日の食事や生活の様子でいつもと違うことがないか注意深く見てあげましょう。
もし、愛犬が下痢をしたり痒がったり皮膚の赤みが出たりするときにはアレルギーの可能性があります。

アレルギーと思われる症状が出た場合にはまずは動物病院に行き診察を受けましょう。
病院での診察では痒みや炎症を抑える薬が処方されます。
そして、アレルギーの検査が行われる場合が多いです。
検査でアレルゲンが特定できれば問題ないのですが、特定ができない場合もあります。
アレルギーの原因もいくつかあり、食物アレルギーだけでなく環境アレルギーもあります。
食物アレルギーの中で最も多い原因物質はダイズやトウモロコシ・小麦などの穀類類です。
最近では、添加物や鶏や牛などの肉類のアレルギーの犬も増えました。

アレルギーがあると診断された場合、ドッグフード選びはとても大切です。
重度のアレルギーがある場合には重い症状が出て最悪死に至ることもあります。
そのため、ドッグフード選びは慎重にしておやつも成分をよく見たり、多頭飼いであれば他の犬のフードを食べないよう気を付けなければなりません。

フードを選ぶ際にはアレルギー用のドッグフードや無添加フードを選んだり手作り食を与えるようにしましょう。
低アレルギー食は穀物量が少ないものやアレルゲンになりにくいラム肉や魚肉を使用しています。
無添加ドッグフードは加工の際に食品添加物が使用されていません。
どちらのドッグフードもアレルギーではない犬にとっても安心安全に食べられるフードです。
穀物は犬にとって消化をしにくい食べ物ですし、添加物もあまり体に良いとは言えないからです。
安心安全なフードゆえに一般的なドッグフードよりも少し高価です。
そのため、長く続けるために手作り食と混合にしたり、アレルギーによってはほかのフードと混ぜたり工夫をしてみましょう。
そうすることでより良くなります。
また人間の食べ物をドッグフード代わりにするのは良くないのか気になりますね。調べてみましょう。

このページの先頭へ