手作り

ドッグフードの原材料

犬は肉食ですから、ドッグフードの主成分は肉類です。
肉類と言っても牛や鶏、アレルギー対策でラムが使われていたりミックスされていたり様々です。
もちろん、肉だけでなく穀類や野菜なども配合されて作られています。
ドッグフードの原材料や栄養素の配合はだいたい同じです。
それなのに、メーカーによって価格が様々なのはなぜでしょうか。

その理由は原材料の質の違いがあります。
肉類の質が商品によって幅があるのです。
価格が高めのメーカーは人間が食べるものと同じ安全基準で肉を選び加工しています。
しかし、残念ながら廃棄になるような肉を使用しているメーカーもあります
廃棄になるような肉というのは人間であれば食べれないような肉で変色がひどかったり病気の動物の肉だったりします。
日本ではドッグフードに使用する原材料への規制が甘いため、肉の鮮度や質への厳しいルールがありません。
そのため、このようなことが起こってしまうのです。

このような肉を使用したフードを購入したとしても、ドッグフードの匂いや色から肉の質が悪いと気付くことはなかなかありません。
なぜなら、メーカーは肉の質をごまかすために様々な添加物や発色剤を配合しているのです。
新鮮な肉の匂いを香料でつけたり、さらに腐敗が進まないように防腐剤を入れたりしてさも新鮮なものを使っているようにみせるのです。

安いフードにはこのように安い理由があるということです。
もちろん、高品質の原料で少しでも安く販売しようと努力している企業もあります。
愛犬が安全なフードを食べるためにはドッグフードの品質をきちんと確認して安心なものを選び取らなくてはなりません。

ドッグフードの主成分であり犬にとって最も大事な栄養素はタンパク質です。
この肉の質が悪ければ愛犬の健康を害する可能性があるのです。
愛犬の健康を守るためには飼い主たちが正しい知識を身につけてフード選びをすることが大切です。
パッケージの品質表示はもちろん、企業のホームページを見て安心安全と思えるフードを見つけましょう。
獣医がすすめるのドックフードを一度購入してみるのも良いでしょう。

このページの先頭へ