? 半生タイプのドッグフード
手作り

半生タイプのドッグフード

ドライフードウェットタイプのフードの間のものとして半生タイプのドッグフードがあります。
半生タイプは商品によってはセミドライタイプとも書かれているものです。
形状はドライフードのように粒状になっているのですが、10パーセントから30パーセントほど水分を含んでいるタイプのものです。

半生タイプのフードのパッケージはドライフードのように箱や袋に入れられています。
水分を含むためあまり日持ちしないので、パッケージの中でさらに個包装されている場合が多いです。
開封後は早めに使い切らないと品質が劣化する場合がありますし、きちんと封をして保存しましょう。
また、ウェットタイプのような滅菌加工ができずさらに水分を含むため防腐剤を入れているものも多いです。

犬の嗜好性として、ドライフードよりも水分を含んだ食事を好みます。
犬は味覚があまり発達しておらず、フードの好き嫌いは味ではなく匂いで判断します。
水分を含むフードのほうがドライフードよりも香りがするため好む場合が多いようです。
そのために、ウェットタイプや半生タイプのドッグフードは食欲がない時や食いつきが悪くなった時に役立ちます。
栄養価も高めなので少量でも必要な栄養素が摂れるものもあります。
美味しくておかわりを欲しがる場合もありますが、カロリーも高めなものが多いのであげすぎに気を付ける必要があります。

半生タイプのフードはドライフードよりも少し価格が高めです。
水分を含むために防腐剤などの添加物を使用していたり食いつきを良くするために香料を使用していたりするものもあります。
あまりにも添加物を多く摂取すると体調を崩す場合があります。
犬によっては添加物でアレルギーを引き起こす場合もありますから与え始めは特に注意して様子を見るようにしましょう。

半生タイプのドッグフードは食べやすいので年齢の高い犬にむいています。
カロリーが高めであることや、食事として与えるとドライフードを食べなくなる場合があるので、家庭によってはおやつやしつけの時に与えるケースも多いです。

このページの先頭へ