手作り

ドッグフードが含んでいる栄養素

愛犬に与えるドッグフードを選ぶ時に何を基準に選んでいますか。
人によっては価格であったり、コマーシャルで選んでいる人もいるでしょうし、一度与えて食いつきが良かったことで同じものを与えている場合もあるでしょう。
意外と成分表示や賞味期限を見てドッグフードを選んでいる人は多くありません。
しかし、愛犬のためには成分や賞味期限はフード選びでとても大切な要素です。

ドッグフードの賞味期限が長いものというイメージがあるために期限を確認する人が少ないものです。
しかし、あまりにも賞味期限が長い場合、おかしいと思うものでしょう。
賞味期限が長いということは添加物や防腐剤が多用されていると考えられるためです。
賞味期限を確認するということは、ただいつまでに食べきればよいかを確認するためではなくフードの安全性を確認するためなのです。

同様に、ドッグフードの成分表示を確認することはフードの安全性と共に愛犬にとって必要な栄養素がきちんと含まれているのかを確認するために必要です。
犬は人間と違いタンパク質が最も必要な栄養素です。
そのために、肉や魚が最も多い栄養素である必要があります。
人間にとって大切な炭水化物といった穀類は犬にとっては不要です。
むしろ、内臓の作りの違いから穀類の消化は苦手なため少ないほうが望ましいです。

フードの成分表示を見る際に、まずは肉類から記載されていることを確認しましょう。
おすすめはビーフドッグフードです。
品質表示では、フード内に含まれる量が多いものから順に記載されます。
肉類から記載されていれば最も多く含まれているのが肉類であるということになります。
粗悪品の場合は最初に穀類や大豆ミートと記載されています。
大豆ミートは大豆の搾りかすのため、消化しにくいため避けたほうがよいのです。
また、与えてはいけないものもよく知っておいた方が良いでしょう。

次に、細かい記載がされているものにしましょう。
単に肉類と書いてあるものではなく、何の肉が使用されているか、また含有率が何パーセントか、細かければ細かいほど安心できると考えて良いです。
添加物についても含まれているから悪い、のではなくきちんと記載されていることが大切です。
耳慣れない単語が多いので気になる添加物については安全性を調べてみましょう。
しかし、栄養を摂りすぎてしまうと肥満の元となってしまいます。ダイエット用ドッグフードも最近人気です。

このページの先頭へ