? ウェットタイプで作成してあるドッグフード
手作り

ウェットタイプで作成してあるドッグフード

ドッグフードにはドライフード以外にも種類があります。
ドライフードの次によく見るのがウェットタイプのドッグフードです。

ウェットタイプは缶詰やプラスティックカップに入ったもので名前の通り水分が含まれています。
水分量は多く、だいたい75パーセントが水分です。

ウェットタイプのドッグフードは犬が最も好むタイプなので、食いつきが悪かったり食欲がない時には重宝します。
ただし、ドライフードよりも気を付けるべきポイントがいくつかあります。

まずは、水分量が増えるために栄養素が少なくなっていることに気を付けましょう。
水分が75パーセント近くを占めるため、残りの25パーセントに必要な栄養素全てが含まれない場合があるのです。
愛犬に与える量を増やしたり、ドライフードと混ぜたり工夫をして栄養不足にならないようにしてあげましょう。
もちろん、パッケージに書いてある量を与えて十分な犬もいます。
運動量や消化具合によってこれは個体差がありますから様子を見て判断しましょう。

また、ウェットタイプは水分を含むため開封後は早めに使い切らなくてはなりません。
ウェットタイプは人間の缶詰同様に滅菌加工したのちに密封されているため、保存性に優れたドッグフードです。
しかし、これはあくまでも未開封ならばの話です。
パッケージの賞味期限は未開封の場合の期限なので注意しましょう。

ウェットタイプはドライフードよりも生産の手間がかかるため価格が高めのものが多いです。
安いものは気を付けたほうがいいでしょう。
もちろん、ドライフード同様に購入前にきちんと品質表示で原材料や添加物を確認したうえで与えましょう。

最後にウェットタイプを与えるときに気を付けるべきことは歯のケアです。
ウェットタイプは水分が多いため柔らかいため歯に残りやすいです。
あごも弱くなりますし、歯に残ると歯石の原因になります。
歯石がたまると口臭や歯周病の原因になります。
ひどい場合は手術も必要になりますから、ガムや歯磨きで歯のケアをしてあげましょう。
人気があるドッグフードも知っておくと参考になりますね。

このページの先頭へ