手作り

ドッグフードを活用して愛犬を健康

愛犬がずっと健康に長生きするためには、食事はとても大切です。
適切な運動と栄養バランスの整った食事は健康の基本です。
ドライタイプのドッグフードは総合栄養食と言われており必要な栄養素がすべて含まれています。
そのため、ドッグフードが愛犬に合ったものを選べていればあとは水だけで犬は健康に育ちます。
それゆえドッグフード選びはとても大切な作業なのです。

しかし、店頭でたくさんの種類のフードを目にするとどれを選べばよいかわからなくなるものです。
年齢や犬種によっても種類分けされていますし、価格も幅が広いです。
たくさんの中から愛犬にとってベストなものを選ぶためにはどういったことをすればよいのでしょうか。

まずはもっとも安心なのは高価なものを選ぶことが一番でしょう。
価格が高いのは、原材料にこだわっているためだからです。
素材がオーガニック素材であったり肉類の鮮度が高いものが使われている場合が多いです。
もちろん、高ければどれでもよいというわけではありません。
実は粗悪品を使っているにもかかわらずオーガニック素材と謳っていることもあります。
それに、一番大事なことはそのフードを与え続けることです。
高級なドッグフードを与えるとしても一度だけでは意味がありません。
続けられる価格のものであることはドッグフード選びの条件に加えておきましょう。

肉食である犬にとって最も大事な栄養素はタンパク質です。
良質なタンパク質が含まれているドッグフードを選びましょう。
肉類の品質の良し悪しを判断する要素として添加物を確認しましょう。
質の悪い肉類を使っていると、発色剤や香料といった添加物で味を加工しています。
中には人間に使用が禁止されている添加物を使用しているものもあります。
ドッグフードのパッケージの品質表示欄に書かれている添加物については確認をして選びましょう。
肉の加工で添加物を使用した場合は添加物が品質表示に記載されていないこともあります。
そういったフードは安価ですからあまりにも安いものは購入を控えましょう。
愛犬の健康のため、品質・価格ともに納得できるフードを探してあげましょう。

このページの先頭へ