? 子犬用ドッグフードの選び方
手作り

子犬用ドッグフードの選び方

愛犬がパピーと呼ばれる子犬の間は急速に成長するため様子に応じて適切なフードを用意することが大切です。
まず、産まれた直後から4週目くらいまでは固形物は口にしません。
母親からの母乳だけで必要な栄養を摂取して育ちます。

そのため、飼い主が食事の準備を始めるのは4週目前後からです。
ふやかしたドッグフードと、母乳または代わりになる子犬専用ミルクを与えます。
6週目までを目安にして、少しずつ自分の口で食べる訓練をしていきます。

自分の口からドッグフードを食べることができるようになった6週目から生後2か月までは3回食で与えていきます。
少しずつフードをドロドロの離乳食から成犬のカリカリのフードに近づけていきます。
3か月頃にはふやかさず与えるようにしましょう。

4か月あたりから給餌は一日2回になり、成犬同様の食事方法にしていきます。
半年頃には成長がひと段落するため一日に食べる量も減っていきますが、心配する必要はありません。
ここで今までと同じ量を与えてしまうと肥満の原因になりますから量は守るようにしましょう。
逆に食べる量が少ない場合にもフードの種類を変えず、今までどおりに給餌しましょう。

このように、子犬の頃はフード選びよりも与え方に注意することが最も大切です。
多くの人が犬を飼い始めるのは3か月前後のタイミングからです。
飼い始めたら与えたいと思っているドッグフードもあるかもしれませんが、すぐにはそれを与えられない場合があります。
犬はフードを突然変えると匂いが変わるため警戒して食べなかったり体調不良を起こしたりします。

更には新しい家に来た始めは環境の変化に慣れるまでの時間も必要です。
環境も食事も変わってしまうのは犬にとってとても大きなストレスになってしまいます。
そのため、連れて帰った直後はそれまで食べていたフードと同じものを与えるようにしましょう。
その後、新しい家での生活にも慣れたタイミングを見て少しずつ今までのフードに新しいものを混ぜて慣らしていきましょう。
はじめはだいたい4分の1ほど新しいフードを混ぜるようにします。
これは、成犬用フードに切り替えるときにも同じようにしてあげましょう。

このページの先頭へ