手作り

ドッグフードの穀物不使用

最近では様々なメーカーから色んな種類のドッグフードが出ていています。
多くの犬を対象にした一般的なフード以外にも肥満犬用やアレルギー犬用など犬の健康状態に応じて細かく分類されたドッグフードも販売されています。
その中の一つとして、穀物不使用のドッグフードがあります。

人間は炭水化物を主食としているため穀物を摂らない生活はあまり考えられません。
しかし、犬は主食がタンパク質なので穀物を食べなくてもさほど問題はないのです。
また、最近では穀物アレルギーを持っている犬もいます。
もちろん、犬にとってアレルゲンになるものは穀物以外にもあります。
たとえば、大豆や牛肉、チキンといったタンパク質でもアレルギーを起こす場合があります。
ドッグフードには様々な原材料が含まれているため、アレルギーの原因物質を特定することはとても難しいです。
愛犬にアレルギー症状が出た場合には、穀物不使用のアレルギー対応食を与えることが望ましいでしょう。

また、犬はあまり穀物を必要としていませんし、アレルギーでなくても穀物が苦手な犬もいます。
犬の唾液には消化酵素が含まれていません。
人間には唾液に炭水化物の分解を助けるアミラーゼが含まれていますが、犬にはそれがないのです。
そのため、炭水化物がうまく消化できず消化不良を起こす犬もいるのです。
穀物不使用のドッグフードはアレルギーに関係なく消化に良く食べやすいドッグフードと言えるのです。

穀物を使用しなければその分、他の原材料を用いることになります。
穀物よりも野菜や肉類のほうが原価が高いため、穀物不使用のフードは値段が高めのものが多いです。
しかし、愛犬の健康を守るためには考えてあげる必要があるかもしれません。
今のところ愛犬に穀物アレルギーがあるわけではないのであれば穀物不使用のフードと普通のフードを混ぜて与えるのも一つの方法です。
愛犬の健康を維持するために大事なことは一時的ではなく長く続けることです。
高いフードを購入しても続けられなければ意味がありません。
手の届きやすい価格のフードを探したり混ぜて与えてみたりと長く続けられる方法を考え続けてあげましょう。

このページの先頭へ