手作り

ドッグフードは穀物も重要

人間にとって穀物はとても大切な栄養源です。
お米だけでなく、パンやうどんやパスタの原料の小麦粉を主食として様々な形でほぼ毎日食べています。
ところが、犬にとっては穀物はあまり必要ない食糧です。
むしろ犬によっては消化が苦手で食べるのを避けたほうが良い場合もあります。

犬の主食は肉類です。
肉や魚に含まれるたんぱく質が最も必要な栄養素で、人間よりも多くのタンパク質が必要です。
飼い主の中には愛犬が雑食と思っている人もいるでしょう。
しかし、犬が肉類以外も食べるのは空腹だからであって必要と感じて食べているわけではありません。

ドッグフードのパッケージを見ると、肉類以外に野菜や穀物が含まれているものがほとんどです。
栄養のバランスを考えたら肉だけでなく穀物も摂取したほうがよいと思う人もいるかもしれません。
しかし、ドッグフードに穀物が含まれている理由はほかにあります。

ドッグフードを作る際に肉類だけで作るとコストがかかってしまい価格が上がってしまいます。
そこで、フードのかさを増やすために穀物を入れるのです。
また、肉類だけでドッグフードを作ると価格が上がるだけでなく余分な栄養が含まれてしまうことがあります。
カロリー調整のためにも穀物が入っているのです。
毎日栄養過多なドッグフードを食べてしまうと肥満や病気を引き起こす可能性があります。
そこで、カロリー調節のために穀物を入れているのです。
また、消化の悪い穀物を入れることで便通を良くする役目もあるのです。

タンパク質が必要だからといっても植物性タンパク質が多いフードは避けましょう。
植物性タンパク質も穀類と同様に犬にとっては消化が苦手なためです。
ダイズなどの植物性タンパク質よりも動物性タンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

犬によっては穀物類が上手に消化できず穀物アレルギーを起こす犬もいます。
そういった犬のための穀物カットされたドッグフードもあります。
穀物は犬にとって絶対必要な栄養素ではないですから、愛犬の健康状態を見て穀物入りのフードを与えましょう。

このページの先頭へ