? ドッグフードの内容について
手作り

ドッグフードの内容について

ドッグフードには年齢や犬種によって与えるものが異なります。
たくさんのフードの中から愛犬にベストなものを与えられるよう種類の違いを知っておきましょう。

まず、犬の年齢や状態によって与えるドッグフードは変わっていきます。
具体的には5種類で、子犬用、成犬用、老犬用、肥満犬用、アレルギー犬用があります。
とくに子犬用ドッグフード選びはとても大事です。

子犬用は離乳食から1歳くらいまで、また妊娠中に与えるフードです。
子犬の頃は食が細いのに成長のためにたくさんのエネルギーが必要なので、子犬用が一番カロリーが高いです。

成犬用のフードは、成長が落ち着いてきたころから、与え始めます。
一般的には1歳のタイミングで、子犬用から成犬用に完全に切り替えてあげましょう。
元気でたくさん運動するので、その犬にあった量を見極めてあげましょう。

老犬用は、7歳あたりから与え始めます。
運動量が少なくなってくるので低カロリーに作られています。
また、消化能力も弱まってきますので、消化しやすく作られています。

肥満犬用のドッグフードは、太りすぎの犬や避妊・去勢手術をした犬が食べるフードです。
栄養がコントロールされているのでカロリーが抑えてあります。
念のため獣医さんやペットショップの店員さんと相談してから使うのがおすすめです。

またアレルギーをもっている犬には、アレルギー対策用のドッグフードがあります。
毛が抜けてしまったり、下痢などが続けばアレルギーの可能性があります。
医師にみてもらい、アレルギーの原因を調べましょう。
原因がわかれば、ドッグフードが選びやすくなります。

ドッグフードのタイプ(形状)も様々なものがあります。
まず一番一般的なのがドライタイプです。
これは、水分が少なくカリカリとした固形のドッグフードです。長期保存が可能なこと、一番安価なことが特徴です。
セミモイストタイプは、水分が30%前後含まれていて離乳食や老犬の食事に適しています。
またソフトドライタイプは、ドライフードの半生タイプです。

ウエットフードは、水分が多く肉や野菜を缶詰めにしたものです。
水分を含んでいるため開封後は長期保存が出来ません。
しかし、味の種類が豊富なので食いつきが悪い時に出すのもおススメです。
ドッグフードは約50種類の栄養素で構成でなかなか驚きですね。

このページの先頭へ