手作り

ドッグフードの成分の判断

ドッグフードを選ぶときに何を基準に選べばよいのでしょうか。
ペットショップやホームセンターの店頭にはたくさんの商品が並んでいます。
インターネット通販だとさらに多くの商品が売られていています。
その中から愛犬用にフードを選ぶ際、価格以外にも成分表示を確認する必要があります。
成分表示を見てもカタカナや見慣れない単語が多くよくわからないと思う人も多いでしょう。
しかし、愛犬が元気に長生きするためには安心安全なドッグフードを与えることが大切です。
そのためにも、成分表示の内容にについての知識を持っておきましょう。

平成21年6月1日から「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(通称:ペットフード安全法)が施行されました。
これにより、犬や猫のフードに使用できる添加物に規制がされるようになりました。
ただし、この法律が施行されてもペットフードの規制は人間より緩いので気を付けてフード選びをする必要があります。

まずは、人間に使用が規制されている食品添加物が使用されていないか確認しましょう。
次に、食品添加物の量がきちんと記載されているかも見るようにしましょう。
添加物=悪いものとは考える必要ありません。
たとえば、ビタミンCは酸化防止や品質保持のために添加物として使用されますが体には有害ではありません。
他の添加物が使用されていても基準値内であれば、食べても問題ないですし実際にそれを食べて長生きしている犬もいます。
添加物を使用するからいけない、無添加のものしか食べてはいけない、というわけではなく大切なのは使用している添加物の内容と量を確認して選ぶことなのです。

メーカーによってはペットフード安全法よりも厳しい自社基準を設けてフード作りをしている会社もあります。
そういった情報は各社のホームページ上で確認できます。
ホームページを見ていけてばそれぞれの会社がどのようにドッグフードを製造しているのか見えてきます。
自分の眼で愛犬に安心して与えられるフードがどれかを判断しましょう。
また、あまりにも安価なドッグフードには注意したほうが良いでしょう。

このページの先頭へ