手作り

ドッグフードで食物アレルギーを治す

人間と同じように犬にもアレルギーが出ることがあります。
アレルギーを起こしやすい食材には小麦やとうもろこし、ダイズや牛肉があげられます。
近年、こういった所在以外にも着色料や防腐剤と言った合成添加物が原因でアレルギーを引き起こすケースも出ています。
アレルギーが出た場合には除去食が必要となり、アレルゲンを摂らないよう気を付ける必要があります。

一般的なアレルギーの症状は痒みや毛並みや皮膚の荒れ、下痢などがあげられます。
何日かこの症状が続けばアレルギーの可能性が高いです。
もちろん、違う病気の場合もありますから症状が続くようならば医師の診断を受けましょう。
そこで、アレルギーと診断されれば除去食を与えることになります。

普通食から除去食に切り替えるには、何がアレルギーの原因かを突き止める必要があります。
フードを新しくしたことで起きた症状ならば今までのものと見比べれば検討がつけられるかもしれません。
しかし、ドッグフードにはたくさんの原材料が含まれるため特定が難しいことが多いです。
そこで、低アレルギーのドッグフードに切り替えて様子を見るのが一般的です。

低アレルギーのドッグフードにはアレルゲンになりにくいもので作られています。
アレルゲンになりにくい米や魚を中心にしたものや、ラム肉やシカ肉をメインにしたものが一般的です。
添加物でアレルギーが出る場合もあるのでオーガニックのものも多いです。
最近ではホームセンターやペットショップでもアレルギー犬用のフードは販売されていますが病院療法食も検討してみましょう。

病院療法食とは愛犬の健康状態に合わせ、病気の時や予防のために使用するドッグフードです。
そのため、アレルギーに限らず肥満や消化器系の病気など、症状により専門的な栄養配合がされています。
医師の診察を受ける際に、病院療法食への変更をすべきかもあわせて相談してみましょう。

最近ではホームセンターやペットショップ、インターネット通販でも病院療法食を見つけることができます。
しかし、もともと病院療法食は名前の通り病院でしか購入できないものでした。
治療目的で作られているため栄養が偏っているため医師に相談して食べさせることが望ましいものです。
年を取るにつれてアレルギーが治まる場合もあるので定期的に医師の診断を受けて適切なフードを選びましょう。
また、犬にも好き嫌いがあるドッグフードもありますので、愛犬に合うドッグフードを見つけるにはなかなか大変です。

このページの先頭へ