手作り

ドッグフードの食べ飽き対策

愛犬が「いつものドッグフードなのに食べてくれない」という悩み誰もが経験するものです。
ここでは様々な対処法を紹介しますので悩んだときには試してみてください。

まず、よく出てくる対処法として「だらだら食べさせない」ことです。
ご飯をあげても食べなければお皿は30分以内に取り上げて次のご飯の時間までは何もあげないようにします。
この時、食べないからといっておやつはあげてはいけません。 
これによって、今ご飯を食べないと後からはもらえないと言うことをしっかり教えましょう。
お皿を出しっぱなっしにするとわんちゃんはいつでもご飯食べれるからいいや、と思ってしまうのです。 

次にすぐにできることとして、お皿を食事前に熱湯で温める方法もあります。
プラスチックのお皿はあまりおすすめできませんが、お皿が温かいとドッグフードの臭いhttp://ohdarke.ohgenweb.net/inunomikaku.htmlが増します。
犬は臭いがハッキリしてる食べ物を好むため、この方法が有効的です。 
ただ、直接ドッグフードにお湯をかけるのは避けましょう。
硬いフードを食べない癖が付いたり歯周病の原因になったりするためです。

後は、飽きっぽいからすぐ食べなくなる、と言う飼い主さんが多いですがこれは正しくありません。
犬は習慣性の動物なので人間みたいに飽きることはないと言われています。 
犬がご飯を食べないからと違うフードやおやつをあげると「ご飯を食べなかったら他のものがもらえる!」と学習します。 
だから買ってきてすぐは食べるのに何回かあげてると食べなくなる、というのを繰り返してしまいます。

今までの中でも出てきましたが、ドッグフードを食べないのが心配だからとおやつhttp://www.theobviousblog.net/oyatu.htmlをあげるのは避けましょう。
人間の感覚の量と犬の感覚の量はかなり違います。
人間からみて少しだけと思っても小さな体の犬にとっては結構な量になってる場合が多いです。
おやつのあげ過ぎでお腹が膨れてドッグフードを食べないということもありますし肥満の原因にもなるので気を付けましょう。

犬にも性格があります。
食いつきが悪くて困ったときは上記の様々な方法からわんちゃんに合う方法を探してみましょう。

このページの先頭へ