手作り

手作りのドッグフードについて

ドッグフードは便利ですが、購入にあたり気を付けるべき点がたくさんあります。
市販のもので品質・価格ともに満足できるフードを見つけることはとても難しいことですし、なかなか出会えるものではありません。
そこで、ドッグフードを手作りすることを考えてみましょう。

料理が得意ではない人は自分でフードが作れるのか不安でしょう。
もちろん、人間が食べているものをそのまま与えることはできません。
しかし、犬のフード作りでは、料理で一番難しい作業の味付けが必要ありません。
そのため、慣れてくれば意外と気楽に、長く続けられます。

では、どういったものを作ればいいのでしょうか。
まずは犬の食事と人間の食事とでは栄養バランスが異なることに気をつけなくてはいけません。
犬にとって最も必要な栄養素は肉などのタンパク質です。
人間とは違い、穀物などのエネルギーはあまり必要ありませんし、摂りすぎはお腹を壊す原因になることもあります。
また、犬にとって危険な食材もけっこうたくさんあり、玉ねぎやチョコレートなどが有名です。
こういった手作り食のポイントやレシピは本やインターネットを見ればすぐにわかります。
作る前にしっかり勉強しておきましょう。

自分が作ったものを食べてもらえるというのはうれしいことです。
しかも、それを喜んでモリモリ食べてくれるとなおさらです。
自分の料理は作ったことがあるけど犬用のは作ったことがないという人も安心してください。
慣れてくれば人間の食事のメニューと並行して作ることもできるようになります。
メニューのバリエーションが増えれば、犬も自分も飽きることなく続けられます。
また、手作り食であれば自分で作るためアレルギーの原因にも早く気づけますし、除去食も作れます。
自分の作った食事で愛犬の健康がサポートできますし、自分たちの食事と同じ材料から作るのでもっとも安心して食べさせられる食事といえます。
手作りドッグフードに難しさを感じている人もまずは一食、簡単なものにチャレンジしてみましょう。
愛犬が喜んで食べてくれる姿を見れば、意識が変わりますよ。

このページの先頭へ