手作り

ドッグフードの低アレルギー

近年、こどものアレルギーが問題になっていますが犬にも同じ現象が起きています。
犬のアレルギーも人間同様に食物アレルギーや環境アレルギーがあります。

食物アレルギーも環境アレルギーも症状がいくつかあり、皮膚の赤みやフケ、痒みや下痢などが一般的に起こります。
環境によるものであれば部屋の清掃、シャンプーを変えたりしますが食物アレルギーはドッグフードを変える必要があります。

ドッグフードを変えるためにはまずはアレルギーが何によって引き起こされているのかを特定する必要があります。
小麦やとうもろこし、牛肉や大豆がよくアレルギー物質として挙げられますが、最近では着色料や酸化防止剤などの添加物アレルギーの場合もあります。
ドッグフードには様々な材料が使用されているためどれに反応しているのか特定するのは時間がかかります。
また、体調によってアレルギーが出る日もあります。
アレルギーが出たら低アレルギー物質であるラムや魚、野菜などを摂らせつつ免疫をつけてあげましょう。

もちろん、自分での判断ですべてを行うのではなく医師に相談したうえで方針は決めていきましょう。
人間でもアレルギーで重度の皮膚疾患や最悪の場合には死に至ります。
人間よりももっと体の小さい犬にとっては少しのことで命取りになる可能性があります。
慎重に対応をしてあげましょう。

もしも、アレルギーがあると診断されたらドッグフードへの注意はもちろんですがおやつにも気を使いましょう。
うっかりおやつでアレルギー物質が含まれたものを与えている可能性があるからです。
また、多頭飼いの場合、アレルギー食と普通食の二種類を購入しそれぞれに与える場合も出てきます。
与え間違いや誤食が起きないようにしつけの徹底や容器を変えたりといった工夫をして注意をしましょう。

愛犬が痒みや下痢で苦しんでいる姿を見るのはとてもつらいものです。
食生活にはしっかり気を付けて元気で過ごせるよう配慮してあげましょう。
やはり、無添加のドッグフードが一番だと言えます。

このページの先頭へ