? ドッグフードの添加物がないもの
手作り

ドッグフードの添加物がないもの

食品添加物による健康への影響は人間の食べ物でも注目を集めています。
添加物を使用していないという事が食品選びのポイントの一つになりました。
これはドッグフードにもいえることです。
食品添加物を含んだ物を長期間与え続けることでの体調への影響が懸念されています。
最近では犬にも人間と同じような病気を発症するケースが増えています。
この一因が食品添加物にあるのではないかと言われており、研究が進んでいます。
少しでも愛犬に長生きしてほしいと思えば、危険な可能性があるものは避けたいと思うのは当然のことです。
そのため、無添加のドッグフードへの関心・需要が高まっています。
また、無添加キャットフードも同じく関心が高まっています。

しかし無添加のドッグフードを選ぶのは意外とむずかしいことなのをご存知でしょうか。
市販品にはよく無添加という表示がされていて、それを目安にドッグフードを選んで購入されている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、その製品が本当の意味で無添加ではないことがあるのです。
どういうことかというと、原材料そのものに添加物が使われている場合があるのです。
原材料からドッグフードへと加工する段階では添加物を使用していなかったとしても、原材料を出荷する準備段階で添加物がが使われている場合には無添加と表示されるためです。
そのため、ドッグフード選びの際には無添加という表示で安心するのではなく、原材料についてもきちんと調べる必要があります。

無添加のドッグフードを選べば安心なのはもちろんですが、デメリットもあります。
まずは保存料が含まれていないため保存期間が短いことです。
また、油分が少なく防腐剤が入ってないため硬いものが多いです。
あとは大量生産できないし素材にこだわっているので、価格が他のものに比べて高めです。

愛犬の健康を考えれば高くても安心なドッグフードを買うことがベストですが続けられなくては意味がありません。
一度購入して止めるのでは体への効果は期待できません。
安心して購入できるものの中から、長く続けられる価格のものを選びましょう。
最近はインターネットでも様々なペットショップや動物病院から無添加ドッグフードが販売されています。
成分や価格を見比べて長く続けられるものを探してみましょう。
また、混同されがちなドッグフードとキャットフードの違いについても知っておきましょう。

このページの先頭へ